ブログ
  • Home
  • Blog
  • 大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

  2017/06/02   kygoto

大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

運動会などで使うピストル音を怖がる子どもが増えているそうです。このピストルは「信号器」、玉は「紙雷管」と言います。


この紙雷管(かみらいかん・しらいかん)にも火薬の量で音の強弱があり、
音が大きな順に

  1. 紙雷管
  2. ハーフ雷管
  3. ミニ雷管

となっています。

これは、一番音の大きな紙雷管です。当社の知る限りエバニュー社のみが発売しています。

もしこの紙雷管をつかっていて怖がる子どもがいるなら、
紙雷管からハーフ雷管へ、
ハーフ雷管からミニ雷管へと
火薬含有量の少ないものにシフトしていくことで音も小さくなります。

どの雷管も、同じ信号器(ピストル)で使うことができますので
雷管の種類ごとに信号器を変更する必要はありません。

また、当社は2017/6/2時点でハーフ雷管は扱っていませんが、取り扱いは検討中しています。

というのも、販売店は紙雷管を保管庫に収納していますが
この保管庫に入る量が限られているからです。

ハーフ雷管を取り扱うと紙雷管を在庫できる量が少なくなり、
運動会シーズンの急な需要に対応しづらくなります。

その需要予測をしながら、今後の取り扱いを検討していきます。





ランダムポスト

#
May / 12 / 2017 kygoto
学体舎の方が営業に来られました

2016創業の体育用品のメーカーで、その名の通り学校体育関連の用品をメインにしているとのこと。

#
Dec / 03 / 2016 kygoto
グラウンドの水たまり除去は専用スポンジだと手軽で、グラウンドが早く使えるようになります

前夜の大雨、途中の通り雨など屋外競技や学校にはグラウンドの水たまり問題が必ずありますが、専用のスポンジをいくつか用意しておくとスムーズにグラウンド利用が再開できます。

#
Dec / 26 / 2016 kygoto
雲梯(うんてい)の設置には工事が必要なものもあります

雲梯はその場に置くだけのタイプとコンクリートで脚部を固定するタイプがあります。どちらが良いという訳ではありませんので置かれる施設の状況によってどちらにするか決められるのが一般的です。

#
Dec / 05 / 2016 kygoto
ブランコ下にバイオクッション設置の依頼があり、下見に伺いました

ブランコの下は人工芝生デビロンを敷かれることが多いのですが、バイオクッションでも何もしないより遥かにマシになります。

#
Jul / 12 / 2017 admin
ひさびさに新しいバウンドテニスラケットが発売されました。

数年ごとぐらいにバウンドテニスのラケットが新しくなりますが、今回は黒と赤系のスタンダードでかっこいいのが2種類でました。

#
Dec / 02 / 2016 kygoto
テニス支柱・バレー支柱が抜けなくなったときの対処法

グラウンド、運動場にある支柱が抜けなくなることは時折あります。抜けそうで抜けないことも、びくともしないこともあります。そんな時の対処法です。