2016/12/02

不要体育器具(大型)の処分は、役所に問い合わせされるのがオススメです

日常業務

体育用品の納入をしている関係で、処分も依頼されることがありますが基本的には役所への連絡をしてみることを勧めています。


運動用のマットやバレーの支柱、得点板、サッカーゴールなどどうやって処分をしていいかわからない大きなものも施設にはよくあります。

当社は販売・納入をしていますが、処分に関しての金額のお問い合わせはまず役所に問い合わせされることを勧めています。

その理由として、当社は民間企業ですのでどうしても実際にかかる処分費以下にはならないためです。

その半面、役所は公共目的に税金で運営されているので、処分に関してもなんらかの補助があることもあります。そうすると実際の費用以下で処分ができる可能性もあります。

 

また、体育機器メーカーが無料や低価格で処分を行っていることもあります。これは主に販売促進目的のためなので商品の新規購入時に限りといった制限がつくことも多いのですが、同一メーカーの製品の買い替えなら確認される価値はあるかと思います。



前後のBLOG記事

キーワード

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カレンダー(半日=午前のみ営業)