2016/12/02

鉄棒の設置するときには高さをきちんと守って固定しないと事故につながります

日常業務

鉄棒は学校や公園などにあるものです。といっても公共施設しか置けないのではなく、最近では自宅に設置するために買われることも多々あります。販売業者に高さを指定して注文しますが、それを設置時に変えてしまうと事故に繋がる恐れがでてきます。


鉄棒の足元は、コンクリートで固めていますが、そのコンクリートとの接合を強固にするためにアングル(下記の細い棒)を支柱に取り付けています。

たとえば、鉄棒の高さを「GL(地面からの高さ)120cm」で注文すると、支柱の長さは120cm+地中に埋める部分で届きますのでやろうと思えば施工時に高さを変更して、130cmにしたり110cmにすることも可能です。

ですが、高さを予定より高くするとその分地中に埋める部分が少なくなり、強度が弱くなります。アングルも外に飛び出るかもしれません。

高さを予定より低くする分には問題が起こる可能性はさほどありませんが、穴を深く掘らなければならないので手間暇はかかります。

正しく施工されていないと、万一事故が起こった場合にメーカーや販売店が入っているPL保険の対象外になる恐れも出てきますので、強度に悪影響がありそうな施工時のアドリブはお控えください。

ちなみに鉄棒の費用は、1欄(1欄=手すり+両脇の支柱2本)で3~8万円ほど、鉄棒の設置費用は1~5万円ほどかと思います。ただこれも何欄施工するのかによっても大き変わりますので、工務店にご相談ください。

家を立てるときに庭に鉄棒を設置されることも多いようです。その場合はついでに施工できるので、費用も比較的抑えられます。

鉄棒の施工は欄が増えてくると結構大変な作業です。場合によってはコンクリート車を手配することもあります。個人でセメントをこねることでもできますが、予想以上にセメントの量が必要になるのでご注意ください。



前後のBLOG記事

キーワード

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カレンダー(半日=午前のみ営業)