握力計の修理・検定受付

握力計の検定受付

壊れた、動かない、計測された値がずれているようだ、などの場合は修理が必要ですが
その他にも、体育検定を見据えた調整が必要です。
普段の使用であれば多少の誤差が問題になることは少ないのですが、毎年行われる全国規模での統計をとるためのスポーツテストや体力測定といった機会の前には、検査と調整をして正しい値で測れるように準備しておくことが必要です。
調整とは正確な動作をするように整備することで、腕時計のオーバーホールのようなものです。

通常、お客様で行っていただくことはできません。
商品の製造メーカーが行いますので、当社が窓口になっています。
(基本的にメーカーはエンドユーザー様からの直接依頼を受けていません)

TTM(ツツミ)やTAKEI(竹井機器)、EVERNEW(エバニュー)、TOEILIGHT(トーエイライト)といったメーカーが製造している握力計がよく使われています。

当社でお買いいただいた握力計でなくても大丈夫ですので、ご依頼ください。

その際は下記の内容も合わせてご連絡ください。

  • 修理なのか、調整なのか
  • メーカー名
  • 型番
  • 台数
  • 購入された日(わかる範囲で)
  • 使用予定日(スポーツテストなど)

修理にしても調整にしても、ある程度の時間がかかります。
時期にもよりますが1~2か月かかることもよくありますので十分な余裕をもってご依頼ください