2018/07/03

校内安全対策に「さすまた」、準備されていますか?

お知らせ

先日富山県で交番で銃を奪った男が小学校へ押し入るという事件がありました。
その時使われた防犯用具が、学校に常備されていたさすまたです。

不審者が拳銃を持っているというシチュエーションは想定外でしょうが、
それでもさすまたは一般的な不審者対策として効果が高い用具です。
刃物が届かない距離から抑え込めるからです。

今はもうほとんどの学校常備されるようになったさすまたは
運動器具メーカーでも製造しているところがいくつかあります。

野球用品で有名なZett(ゼット)は体育器具も製造しています。

足掛けのフックがついたさすまたは、逃げる不審者を転倒させられる

通常のさすまたは、不審者を近づけないため、もしくは壁に押さえつけるために使います。
U字型になっているのでそのような使い方しかできません。

しかし、逆方向にフックが付いていると、さすまたを持った人から反対側に向かおうとする不審者の足や手をひっかけ、転倒させたり足止めをすることができます。
  • 逃げていこうとする不審者に対してフックを引っかけて足止めする
  • 後ろから近付いてひっぱることで不審者が児童に近づくのを防ぐ
といった使い方ができるようになります。

すぐに使えることも重要

いざというときには、1秒でも早く使えるように備えておくことも重要です。
倉庫にしまっておいたり物陰にそっと置いておくと必要な時に気づかなかったり持ってくるのに時間がかかったりしてしまいます。

モップを立てかけておくモップハンガーがちょうどさすまたにもフィットします。



当社でもこれら製品を扱っています。お問い合わせの際は、

ウェブサイトに掲載されていたZett(ゼット)のさすまたSD489000U(もしくはSD490000U)
ウェブサイトに掲載されていたZett(ゼット)のさすまた用ハンガー
とお問い合わせください。
 


前後のBLOG記事

カレンダー(半日=午前のみ営業)