2018/10/23

SEIKOのストップウォッチ・システムウォッチ修理見積費用の無料サービス枠縮小

業界ニュースPickUP

セイコー製ストップウォッチ、システムウォッチが動かなくなったとき、
利用者で出来ることは電池交換ぐらいです。
それ以上(基盤の交換など)はメーカーに送って費用を見積もってもらい、修理依頼することになりますが
修理の前段階の「見積もってもらう費用」が有料になるか無料になるかのパターンが変更になりました。

ストップウォッチ・システムウォッチの修理見積費用

「修理見積→新品購入」のパターンでも見積費用がかかるようになりました。
「修理見積→修理」のパターンなら、いままで通り見積費用はかかりません。

(旧)
【費用かかる】修理見積→キャンセル 
【費用かからない】修理見積→新品購入
【費用かからない】修理見積→修理実行

(新)
【費用かかる】修理見積→キャンセル 
【費用かかる】修理見積→新品購入
【費用かからない】修理見積→修理実行


以前は、「新品を購入することにした」場合には見積費用が無料になるという特典がありましたが
今後は、それがなくなります。
見積費用が予想外に高く、新規購入に切り替えるか検討するは
見積キャンセル料も見込んで比較をする必要がでてきました。


※当WEBサイトの業務案内の内容も変更しています
https://www.touyoutaiki.co.jp/gym_equipment_repair_seiko/
 


前後のBLOG記事

キーワード

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カレンダー(半日=午前のみ営業)